2016年3月1日火曜日

長い事更新していないから・・・

何か書いとこう。。。

最低小説の販売が終了しました。何年か前、たった一冊だけ売れました。買ってくれた人、ありがとうございます。

また近いうちに「これかけ&下手うま」無料キャンペーンやろうかと思っています。

タイミングを考えているところです。

では。

2015年11月18日水曜日

「これかけ&下手うま」無料CP再び!

¥1000-が、¥0-に!
【無料電子書籍のお知らせ】
来たる2015年11月19日~24日
アマゾン電子書籍
「これが書けたら死んでもいい」と思える小説のつくりかた&下手でも多少うまく見える小説の文章術 平成27年増補版
の無料頒布を行います。
これを機会に、ぜひどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TN263RK 

2015年2月19日木曜日

増補版リリース記念大特価祭りをおこないます

「これが書けたら死んでもいい」と思える小説のつくりかた
& 下手でも多少うまく見える小説の文章術

増補版リリースにあたり、大サービスキャンペーンです!
1)初版「これ書け」価格 ¥1000→¥810 20%プライスダウン!
2)小説「最低小説」価格 ¥580→¥110 驚きの80%プライスダウン!
そして
3)増補版「これ書け&下手見え無料キャンペーン 2015/2/20~/2/22 三日間
どうぞご利用ください!


★追記:「小説の後味・どくご缶」をアマゾンさんにて地味に復刻しました。
 某電書で2010年から長らく好評ですので、じゃあこちらでも、ということで。
 写真と超掌編5話の小品です。ぜひどうぞ。

2015年2月15日日曜日

初版より5年、増補版リリースです!

「読める」ではなく、あくまで「見える」。
「これが書けたら死んでもいい」と思える
小説のつくりかた
& 下手でも多少うまく見える小説の文章術

・・・・・・と、やっけに長ったらしいタイトルですが、これが初版から5年ぶりに増補となった、当店イチオシの新刊です。

ポイントは、初版が小説のプロットに特化してきた内容に、文章における注意点をもりこんだところ。
文章すなわち言葉というものは我々の日常に深く根ざすものであり、ここで是非を申せるものではないからである。良い文章とは何ですかと問われれば、分かりやすい文章としかいいようがなく、かといってでこぼこした文章が決して悪文ともいえない。また日本語の文法について触れはじめたら、あまりにも膨大にわたるし、そこに目くじらを立てたところでこれも良い文章や小説に繋がるとは必ずしも言えない。 (増補箇所冒頭より)
なんていいつつ、触れていなかった文章について、増補版でついに介入です。

といっても文法を徹底的におさらいするのではなく、文章をなるべくすっきりと読ませる小ネタ・テクニックを分かりやすく紹介しています。
増補ボリュームは初版の2割増しです。

ほかにもポイントがいくつか。
  • キンドルにあわせて目次をハイパーリンクに(いまごろかよ!)
  • お値段据え置き(初版を買って下さった方、すみません!)
思った以上にロングセラーを続けている「これ書け」。
それだけ小説を本気で書いてみたいなと思う方が多いということですね。

新しくなってますます趣味人作家を応援します。

こちらからどうぞ♪→【「これ書け&下手見え」KDPページ


2013年6月30日日曜日

ゴーストライター対談に参加しました。


久しぶりの更新です。
このたびわたくし あいあおい と、小説代理原稿連合会所属で「代筆ライターことのは」の足立氏の二人で、ゴーストライター対談「ゴーストライターかく語りき」というトークセッションを行いました。
上の動画はその際の告知ムービーです。
対談内容は、近日ことのは様で公開予定。
おみのがしなく!!